法定検査について

法定検査には、浄化槽を新たに設置した際に行なう最初の検査(7条検査)とその後毎年1回実施する定期検査(11条検査)があります。
法定検査は、神奈川県知事が指定した4機関の検査員が行います。当協会は横浜市(戸塚区、港南区、栄区、泉区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区、旭区、磯子区、金沢区、瀬谷区)、横須賀市、鎌倉市、藤沢市、逗子市、三浦市、葉山町の地区を担当しています。
検査員は、検査の申し込みがされた浄化槽が設置されている現場に伺い、検査を実施します。

検査の申込方法

(1) 10人槽以下の浄化槽
    書面による契約

(2) 11人槽以上の浄化槽
    検査依頼書の提出

法定検査の頻度

第7条検査 : 使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月間以内に1回

第11条検査: 毎年1回

<検査手数料>

検査手数料は規模・処理方式・法第7条・法第11条別で以下の表のとおりです。

第7条検査(設置後最初の検査)
みなし浄化槽
(単独処理)
浄化槽
(合併処理)
10人槽以下 11,500円
11〜20人槽 13,500円
21〜50人槽 16,000円
51〜100人槽 18,000円 20,000円
101〜300人槽 20,500円 22,500円
301〜500人槽 23,000円 26,000円
501〜2000人槽 32,000円
2001〜5000人槽 35,500円
5001人槽以上 40,000円
第11条検査(定期検査)
みなし浄化槽
(単独処理)
浄化槽
(合併処理)
10人槽以下 5,000円
11〜20人槽 7,000円
21〜50人槽 9,000円
51〜100人槽 10,000円 12,500円
101〜300人槽 12,500円 15,000円
301〜500人槽 16,000円 18,500円
501〜2000人槽 20,000円 25,000円
2001〜5000人槽 28,500円
5001人槽以上 33,500円

<検査の内容>

1.外観検査
  • 設置状況
  • 設備の稼動状況
  • 水の流れ方の状況
  • 使用の状況
  • 悪臭の発生状況
  • 消毒の実施状況
  • 蚊、ハエ等の発生状況
2.水質検査
  • 水素イオン濃度指数(pH)
  • 汚泥沈降率(SV)
  • 塩化物イオン(塩素イオン)濃度
  • 残留塩素濃度
  • 溶存酸素量(DO)
  • 透視度
  • 生物化学的酸素要求量(BOD)
3.書類検査
  • 保守点検記録
  • 清掃記録

<検査の判定>

1. 「適正」  
  浄化槽の設置及び維持管理に問題があると認められない場合
2. 「おおむね適正」
   I. 浄化槽の設置及び維持管理に関し、一部改善することが望ましいと認められる場合
   II. 又は今後の経過を注意して観察する必要があると認められる場合
3. 「不適正」  
  浄化槽の設置及び維持管理に関し、法に基づく浄化槽の構造、工事、保守点検及び清掃に係る
  諸基準に違反しているおそれがあると考えられ、改善を要すると認められる場合

<検査結果>

検査の結果総合判定し、後日管理者に検査結果を送付いたします。

<検査済証の交付>

検査実施後、検査済証を交付貼付いたします。

公益社団法人 神奈川県生活水保全協会
〒235-0045 横浜市磯子区洋光台6丁目1-1 洋光台ファミリーコアビル 3F
TEL 045-830-5720  FAX 045-830-5722

Copyrigts(C) Kanagawaken Seikatusui Hozen Kyokai, Inc. All Rights Reseved